[PR] ダイヤモンド

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C9] 確かに似てますよ?

ヒット中のアニメ映画「ゲド戦記」の挿入歌「テルーの唄(うた)」の歌詞が萩原朔太郎(1886~1942)の詩「こころ」と酷似している――。現代詩作家の荒川洋治さん(57)が月刊誌「諸君!」11月号で告発し、波紋を広げている。
 「テルーの唄」は「ゲド戦記」監督の宮崎吾朗さん(39)の作詞。一方、萩原朔太郎は大正・昭和期を代表する詩人。詩集「月に吠える」や「青猫」で知られ、「こころ」は25年刊行の「純情小曲集」に収められた。
 両者の類似部分を荒川さんは列挙する(こころ、テルーの唄の順)。「こころをばなににたとへん」/「心を何にたとえよう」▽「音なき音のあゆむひびきに」/「音も途絶えた風の中」▽「たえて物言ふことなければ」/「絶えて物言うこともなく」――など。
 荒川さんは「道行くふたりという人物設定、状況、空気、語調は、たいへんにている。構成もにている」と指摘する。
 荒川さんは、宮崎さんがインタビューで朔太郎の詩を参考にしたことを明らかにしていることや、「ゲド戦記」の公式サイトでも「こころ」を「参考資料」として掲げていることを認めた上で、「問題がある」と批判。「『作詞・宮崎吾朗』とすることに、少しのためらいも感じなかったのだろうか。ここは『原詩・萩原朔太郎 編詞・宮崎吾朗』とでもするべきではないか」と主張する。
 荒川さんの主張に対し、映画を製作したスタジオジブリは「一切ノーコメント」としている。
【米本浩二】
 著作権問題に詳しい日本文芸家協会副理事長、三田誠広さんの話 表現を微妙に変えていて、「こころ」の盗作とは言い難い。しかし、朔太郎の詩がなければこの歌詞が書けないことは明らか。モラルの問題として、朔太郎への感謝の言葉を入れるべきだ。ネットなどには出ているというが、シングルCDの購入者には分からない。先行する芸術への尊敬の気持ちが欠けている。
(毎日新聞) - 10月21日3時6分更新
  • 2006-10-27
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://shinoshino77.blog10.fc2.com/tb.php/220-cf5376f4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゲド戦記、「テルーの唄」は盗作?

ゲド戦記テルーの唄」が荻原朔太郎の詩の盗作である、という指摘がされているようです。荒川洋治さんという、現代詩の作家さんからのご指摘。曰く、荻原朔太郎の「こころ」人物設定、状況、空気、語調は大変に似ている、とか。うーん。語調、空気、状況、人物設定。これで盗作、といわれても今ひとつピントは来ません。実際、他の方の論評を見ると、「これだけで盗作とは言えないのでは?」とのこと。ただ、「ゲド戦記」の公式サイトでも「こころ」を「参考資料」として掲げているのだそうです。

くつろぎのブログ
人気ブログ検索


詩の盗作というのがどのレベルから論議されるべきなのか、わかりませんけれども、私が感じる盗作、というレベルとは違う気がします。これを大きく取り上げているのは毎日新聞のようですけれど、そこまで大きく言う話なのかな?と疑問符がつきます。語調、雰囲気の似ている作品なんて、それこそいくらでも転がっている気はするんですけれど、たまたま成功した映画で使用されているから、問題になった、っていうこと担っちゃうんじゃないでしょうか?

ワンクリックお願いします!


そんな話をするんだったら、某アメリカのD社によるジブリ作品やそのほかの日本アニメの盗作の方がよほど露骨で、問題だと思います。いくら何でもここまで似てりゃあ誰が見たって盗作って言うだろってレベルで似せていると思うんですけれどね。ジャングル大帝と似ている作品の話では「見たことなかった」って言っていましたけれど、そんなの信じろっていう方が無理なくらい似ています。

こちらにも参加してみました(^_^;
FC2ブログランキング


まあ、次元が違うとおっしゃられるのかもしれないですが。でも著作権の侵害、という意味であれば同じこと。というか、特定の人にしかわからないものだとすればそれを盗作、とするのは難しいんじゃあないでしょうか。特定の人にしかわからない盗作は、盗作、といえるんですかねえ?ちなみに私が「ゲド戦記」を話題にするのは3回目ですが、一貫してあの作品は失敗作だと言う立場です。

たまには違ったブログを
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト

1件のコメント

[C9] 確かに似てますよ?

ヒット中のアニメ映画「ゲド戦記」の挿入歌「テルーの唄(うた)」の歌詞が萩原朔太郎(1886~1942)の詩「こころ」と酷似している――。現代詩作家の荒川洋治さん(57)が月刊誌「諸君!」11月号で告発し、波紋を広げている。
 「テルーの唄」は「ゲド戦記」監督の宮崎吾朗さん(39)の作詞。一方、萩原朔太郎は大正・昭和期を代表する詩人。詩集「月に吠える」や「青猫」で知られ、「こころ」は25年刊行の「純情小曲集」に収められた。
 両者の類似部分を荒川さんは列挙する(こころ、テルーの唄の順)。「こころをばなににたとへん」/「心を何にたとえよう」▽「音なき音のあゆむひびきに」/「音も途絶えた風の中」▽「たえて物言ふことなければ」/「絶えて物言うこともなく」――など。
 荒川さんは「道行くふたりという人物設定、状況、空気、語調は、たいへんにている。構成もにている」と指摘する。
 荒川さんは、宮崎さんがインタビューで朔太郎の詩を参考にしたことを明らかにしていることや、「ゲド戦記」の公式サイトでも「こころ」を「参考資料」として掲げていることを認めた上で、「問題がある」と批判。「『作詞・宮崎吾朗』とすることに、少しのためらいも感じなかったのだろうか。ここは『原詩・萩原朔太郎 編詞・宮崎吾朗』とでもするべきではないか」と主張する。
 荒川さんの主張に対し、映画を製作したスタジオジブリは「一切ノーコメント」としている。
【米本浩二】
 著作権問題に詳しい日本文芸家協会副理事長、三田誠広さんの話 表現を微妙に変えていて、「こころ」の盗作とは言い難い。しかし、朔太郎の詩がなければこの歌詞が書けないことは明らか。モラルの問題として、朔太郎への感謝の言葉を入れるべきだ。ネットなどには出ているというが、シングルCDの購入者には分からない。先行する芸術への尊敬の気持ちが欠けている。
(毎日新聞) - 10月21日3時6分更新
  • 2006-10-27
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shinoshino77.blog10.fc2.com/tb.php/220-cf5376f4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

Shino

  • Author:Shino
  • 気になる話題、あっちこっちから。
    みんなで話せたらうれしいね!!

最近の記事

おすすめ!!




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンクなど

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。