[PR] ダイヤモンド
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://shinoshino77.blog10.fc2.com/tb.php/200-012b073d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「ピーターパン」正統派続編が発売

ピーターパンってほとんどの人が一度は読んだり、映画で見たり、劇を見に行ったりしている作品だと思います。元はイギリス、スコットランドの作家J・M・バリーさんが約100年前に書いた「ピーターパン」ですが、その後ディズニーなんかから、いろんな形でアレンジされたものがいくつも公開されてきました。ですが、原作の関係者が作成したものではなかったわけです。ところが、今回この物語の公式の続編「ピーターパン・イン・スカーレット」が作成され、10月5日から、イギリスをはじめ31カ国で発売されたそうです。

ワンクリックお願いします!


なんでこんなことになったかというと、J・M・バリーさんが亡くなられて、70年になるそうなんですが、実はこの物語の版権、ロンドン市内の小児病院へ寄贈されていたんだそうです。版権から得られる収入がこの病院の経営を支えていたわけですね。J・M・バリーさんにはお子さんがいなかったことから、こうしたことになったそうです。ところが年月がたって版権が失効してしまう。そうすると、この版権収入を頼りに運営されてきた(つまりはあまりお金稼ぎに執着していなかった)この病院の経営が難しくなる、といったことが背景になるようです。実際に行ってみたわけではないですから、どのくらい良心的な病院かはわからないですが、この様にたくさんの人が経営を支えようと努力することで推し量れるでしょう。
もちろんJ・M・バリーさんは亡くなっているわけですので、世界から執筆者を募集したそうです。およそ200人ほどの候補者の中から選ばれたのがイギリスの女性人気児童文学作家ジェラルディン・マコーリアンさんだそうです。具体的な筋立ては明らかにされていなませんが、マコーリアンさんがBBC放送に語ったところによると、続編の中でウェンディは人妻・母親として登場するなど、ピーターパン以外の子供は成長したことになっているとか。ちょっと読んでみたいと思いませんか?

また違うブログがみれますよ。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

続編の発行部数は50万部以上で、英語版をはじめ、フランス語版、中国語版などがあるんだそうなんですが、なぜか日本の発売は未定。なんでじゃ?印税は小児病院とマコーリアンさんが折半するそうです。ぜひ、どこかの出版社さん、お願いします。
ちなみに今日の最初は宮地真緒さん。ピーターパンのつながりです(^^)
宮地真緒 みやじまお

人気ブログ検索

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shinoshino77.blog10.fc2.com/tb.php/200-012b073d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

Shino

  • Author:Shino
  • 気になる話題、あっちこっちから。
    みんなで話せたらうれしいね!!

最近の記事

おすすめ!!




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンクなど

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。